コケモモに適した用土

コケモモを植えつける際に向いている用土は、桐生砂・軽石砂・鹿沼土・腐葉土などがあげられます。現在はっきりとした割合で提供できるのは、以下の1つです。

ネットを敷いた鉢にゴロ土を入れ、根鉢を崩さずに植えつけます。

鹿沼土 腐葉土 川砂
5 3 2

適当(?)な植え方

私は以下の状態で植えています。

コケモモが「岩場や湿性の草原などに生える」・「ブルーベリー(ビルベリー)と共に自生している」とあったので、コケモモは根にミズゴケを絡ませ、岩場であることと、ブルーベリーの好む土壌として、酸性のほうが良いのかと思い「鹿沼土」のみで植えつけています。また、購入した時は鹿沼土単用でした。

ヨーロッパでは「ピートモス地帯」に自生しているそうなので、ピートモスも用土として使えるのではないでしょうか。軽石や桐生砂あたりをまぜまぜして、使用してみるとか…このへんは試してみないとなんとも言えないのですが。

BackNext