コケモモの増やし方

挿し木で増やすことができます。挿し芽でも可能ですが、挿し木での増やし方を紹介します。

挿し穂には、新梢を利用します。元気なものを選び、5〜6cm程度に切って挿し床に挿します。挿し穂は、前年度の葉がついているようであれば、葉を落とします。

挿し床は富士砂、又は桐生砂の単用とするか、砂に水ごけを少し混ぜて用います。ただし、水ごけを混ぜるときは、加湿になりすぎないように注意する必要があります。

その後は風通し、日当たりの良い場所で管理し、様子をみながらかん水を行います。発根後、施肥をしますが、薄い液肥とし与えすぎないように注意します。

BackNext