ツルコケモモについて

ツルコケモモは「クランベリー」とも呼ばれる、ブルーベリー(ビルベリー)やカウベリー(コケモモ)の近縁種です。

私の住むところの近くでは、山野草のお店や、高山植物を扱うお店で「ツルコケモモ」として売られていて、クランベリーとしては見たことがありません。(ツルコケモモは、国立・国定公園ないでは、むやみに取ることが禁じられています)

アメリカや北欧で、栽培用に改良された実つきのよい品種が「クランベリー」として販売され、健康食品として注目されるようになり手に入りやすいベリーとなりました。(品種が表記されていることは少ない)

ブルーベリーや、木イチゴ類に比べて、収穫まで2・3年と時間がかかりますが、実は水分が少ないので他のベリー類よりも日持ちするそうです。

BackNext