水やり

乾燥に弱いので、乾燥する時期には気をつける必要があります。成長期(春から夏)には特に、水を欲しがるので、常に土が湿潤しているように心がけます。

庭上の場合、植えつけ直後に水を与えれば、その後は必要ないとされていますが、夏場や乾燥する時期には、気を配るようにします。

鉢植えは、表面が乾ききる前に、水を与えるようにします。夏場で、乾燥しやすい時期には、朝夕2回水やりをします。

夏場の水やりで気をつけなくてはいけないポイントは「水温が上がる時間帯を避けて水を与える」ことです。

また、冬でも用土を乾かしすぎないように、用土の状態をみて水やりをする必要があります。

BackNext