フサスグリの育て方

栽培場所 日当たりのよい場所。夏は風通しのよい涼しい場所。半日陰。
水やり 土の表面が乾いたらたっぷりと与える。
用土 水はけのよい土。庭植えでは特に土質を選ばない。
肥料 植えつけ時と、春の元肥のみでよい。
植え付け 秋、または3月
病害虫 うどんこ病・ハダニ
剪定 12〜2月。実をつけた枝は新梢と更新するが、新梢が伸びているようであれば、残してもよい。この際、株元から剪定。
ポイント 市販の培養土、又は赤玉土6:腐葉土3:川砂1。
1年おきに植替える。何度か実をつけたのち、実つきが悪くなるようであれば、新梢に更新する。
特徴 寒さに強いが、暑さと乾燥に弱い。高温多湿では病気になりやすい。スグリと違い、トゲがない。また、房状に実がなるのが特徴。
BackNext