栽培ポイント

日当たりを好みますが、耐寒性があり氷点下何十度もの寒さに耐えます。但し、夏の暑さには弱い為、クロマメノキが枯れる原因として、一番高いのが「暑さ」である場合が多いと言えます。高冷地であることが大切な環境条件になります。

また暑さで枯れることがなくても、花が咲かなかったり、咲いても実をつけなかったりする場合があります。

次ぎに肥料についてですが、私はマグアンプ(緩行性の化成肥料)を施肥していますが、今のところ枯れたりはしていません。

私の育てているクロマメノキで、問題なのは、花が咲いても、実が肥大することができないということ。寒冷地であるため、夏の暑さが原因だとは思えません。肥料を与え過ぎても、収穫量に影響がでるそうなので、やはり「緩行性の有機肥料」の方がよいのかもしれません。

また、飛翔昆虫(受粉を助けてくれる蜂等)がないベランダなどでは、人工授粉をする必要がでてきます。ブルーベリーによく似た花をつけますが、それよりも小さい釣り鐘型の花であるため、大変な作業になるかと思います。人工授粉の方法については、ブルーベリーの「人工授粉」を参考にして下さい。

BackNext