育て方

開花期 5月下旬から約1ヶ月間
収穫期 7月上旬から約1ヶ月間
植付時期 発芽前の春植えが適期。目安としては、3月頃。
(暖かい地域では12月も可)
植え付け 地植えする際は、植える穴を直径60cm・深さ50cm程度とし、やや深めに植え付けます。保水性のある弱酸性の用土を好むので、鹿沼土やピートモスなどの混合土を用います。腐葉土などをすきこんで、有機質に飛んだ用土にしておきます。
鉢での栽培も容易ですが、地植え鉢植え共に、根元をピートモスや敷ワラなどで覆っておきます。
水やり 乾燥を嫌うので、用土が乾きはじめたらたっぷりと水やり。根腐れをおこさないようにするため、水やりの回数は少なめに。(少しずつ水を回数多く与えるのは駄目)
肥料 植え付け時に元肥として、緩行性肥料を与えます。化学肥料の施肥は控えた方が無難です。その後は生育状況をみて(収穫後などに)施肥するようにします。
剪定 弱い枝や、こみあった枝、古くなったシュートを除く程度で株仕立てにします。
ポイント 寒さに強いが、暑さに弱いので夏場の管理に気をつける必要があります。
実をつけるようになるまで、地植えで2〜3年程かかります。
自家受粉率が低いため、飛翔昆虫を呼び寄せる工夫や、人工授粉が必要になります。
挿し木での繁殖が可能。
BackNext