適した用土

以下に、割合をいくつか紹介しておきます。

ピートモス 鹿沼土 腐葉土 赤玉土 培養度
10 - - - -
3 3 4 - -
4 3 3 - -
4 - - - 6
5 5 - - -
3 6 - 1 -
3 3 - 4 -

ピートモスはいずれも酸度未調整のものを利用し、使う前に良くほぐし(単用の場合は、通気性・排水性などを考えてほぐさない方が良い)、十分に吸水させておきます。

吸水しにくいため、植え付け後に灌水するやり方では、十分に吸水されないため、事前に水を吸わせておく必要があります。

自分の水の与え方や環境などから、ベストな割合が変わるようです。

使用したことはないのですが、最近はブルーベリー(好酸性植物用)の培養土も売られているので、苗の数が多くない場合は利用してみるのも手です。

酸性の土を好むブルーベリー

ブルーベリーは好酸性植物(酸性の土が好き)です。

生育に好適な酸性度

ハイブッシュブルーベリー pH4.3〜4.8
ラビットアイブルーベリー pH4.5〜5.3

両方育てている人は、覚えるのが面倒なので「pH4.5」で覚えちゃっていいと思います。

酸性度を知るためには、測定できるキットや酸度計などがあります。私は「ピートモス:鹿沼土=1:1」の等分混合度で植え付けていますが、酸度計で測ったところ、だいたい「pH4.5」でした。

ブルーベリーの植え付ける土の割合について、文献等で紹介されていたものを一部、紹介しておきます。(鉢植えと書かれているものの割合は「鉢植え」として限定して紹介されていたものになります。)

おすすめは「ピートモス:鹿沼土=5:5」

おすすめと言うか、私がそうしているというだけの話ですが、ピートモスと鹿沼土の特徴について。

ピートモスピートモス/pH4.0前後
酸性が高く、通気性、保水性に優れている。
pHを下げるため必須のピートモスは、乾燥を嫌うブルーベリー栽培には欠かせない用土。

またブルーベリーは、有機物を含む用土であることも大切だとされています。

有機物…主な有機物はピートモスのほか、腐葉土や堆肥など。土を柔らかくしたり、保肥性を高めます。ブルーベリーの根は、繊維根と呼ばれるもので、固い土だとなかなか根が張りません。そのため、土を柔らかく保ってくれる用土(有機物)が必要。

鹿沼土鹿沼土/pH5.0前後
酸性が強い他、通気性、排水性に富むといった特徴を持っています。乾燥に弱いブルーベリーですが、根の部分(用土)に常に滞水していると、根腐れをおこしてしまいます。

また、根が生育するためには「空気」も必要とされるそうです。通常、鉢底から水が溢れるまで水やりをすると、そのときに鉢の中の空気が新鮮なものと入れ替わるのですが、その為には通気性と排水性も必要となります。

ピートモスだけでは、満たすことができないブルーベリーに適した用土を補うために鹿沼土もブルーベリー栽培で活躍してくれます。

また、無菌で水はけがよく、酸度も低いことから、ブルーベリーの挿し木でも欠かせません。(ピートモスもほぼ無菌。私は挿し木もこの2つの等分混合土を利用しています)

BackNext