ブルーベリーの緑枝挿し/緑枝挿しをする

挿し木をする前に

  • 穂木は、2〜3時間水あげする
  • 挿し穂の先端部に発根促進剤をまぶす

緑枝ざしに用いる発根剤は、IBAを含むものが効果的であるとされますが、環境さえ揃えば、発根促進剤は不要であるとされています。

あらかじめ充分に水を与え、良く混ぜ合わせておいた混合用土(酸性ピートモス:鹿沼土=1:1)を、水はけをよくする為に、鉢底網を敷いたプランターに入れておきます。

プランターに用土を入れたら、隣り合う挿し穂が、7cm程度になるように、あらかじめ割り箸などで穴を空けておき、挿し穂の3分2が、用土に隠れるように垂直に挿し木をしていきます。

挿し穂の周りの用土をよせ、挿し穂と用土の間に隙間ができないようにします。

挿し木をしたプランターや鉢は、支柱をたて、ビニール袋などを被せ、密閉状態にして、直射日光に当たらない日陰に置きます。

ポイント

  • プランター(挿し穂する用土)の深さは、最低でも10cm以上
  • 挿し穂の間隔が狭いと、発根率が悪くなるだけでなく、成長後の通気性も悪くなり、病害の多発する原因になりやすくなります。その為、挿し穂は7cmの間隔をあけるようにします。
  • 挿し穂が、用土に隠れる分量は、全体の3分の2程度であることで、生育後の乾燥に強くなり、育てやすくなります。
  • 休眠枝さしと違い、密閉状態で管理し、徐々に外気にならすようにする。
BackNext