アロマテラピーについて

アロマテラピーとは、「アロマ=芳香」・「テラピー=療法」という意味で、香りが持つ様々な効用によって、心と身体に良い効果をもたらす民間療法のことを言います。

一般的に、精油(エッセンシャルオイル)と呼ばれる、植物に含まれる揮発性の芳香物質を抽出したオイルを用いた健康療法として定義されています。

実際にハーブを育ている方は、ハーブと、その香りの魅力や楽しみ方をすでにご存じかと思います。

精油は、取り扱いに注意が必要ですが、注意事項さえ守ればハーブの香り(効用)を、手軽に楽しむことができます。

BackNext