芳香浴

精油は、熱を加えることで揮発し、有効成分が香りと共に空気中に拡散します。

また、熱を加えると、より強く香ることから、アロマポット(ロウソクで温める)や、アロマライト(ライトで温める)など専門の器具を利用して、部屋に広がった香りを鼻から吸収するのが、芳香浴の一般的な楽しみ方です。

鼻から吸収した香りと、その有効成分は、体内で神経に働きかけ、様々な効用を与えてくれるだけでなく、多くの精油に共通する抗菌性が、部屋に香りを拡散することで、部屋の消臭や洗浄といった効果も得ることができます。

アロマポットを使った芳香浴

平坦な場所に、アロマポットを置き、上部に水と精油を入れます。アロマポットに、ロウソクをセットして、火をつけて楽しみます。

水は、半分から8分目、精油は3〜5滴がだいたいの目安です。(アロマポットや精油の説明書を読み、それに従うこと)

精油の芳香が残るうちは、空炊きしないように、様子をみて、水をさします。
余った精油は、時間がたつと使えなくなってしまうので、捨てます。

一時間に一度は換気をし、精油の使用量を守りましょう。

BackNext