アイ(藍)/育て方

栽培場所

日当たりが良く、水はけの良い土であれば、庭植えでも鉢植えでも栽培ができます。

水やり

適度な湿り気を必要としますが、水のやりすぎに注意します。鉢植えでは土の表面が乾いてきたころに、鉢そこからあふれるまでたっぷりと水を与えます。

ポイント

種から育てる時は、春まきが適しています。苗から育てる際は、2・3本を一束にして、株間を広めにとり、植えた方が良いようです。

BackNext