ベイ(ローリエ)/挿し木で増やす

刺し穂を用意する

挿し穂若い枝の方が発根しやすい。枝の下の方は芽を痛めないように気をつけながら、葉を取り除いておく。

葉を半分にする

葉を切った挿し穂大きな葉は、半分に切っておく。小さいのはそのままでも可。(葉から水分が蒸発するのを少しでも少なくする)

楔型に切る

楔形に切った挿し穂カッターで、楔形に切り、1時間ほど水あげ(水に枝を挿しておく)する。女の人なら、わかると思うんだけど…眉毛かくライナーの要領なので、樹皮を剥ぐより簡単。

用土に刺す

挿し木作業後用土は「赤玉土・鹿沼土・バーミキュライト」が適しています。鉢は素焼き鉢(通気性がよく、空気が入るので発根しやすい)を利用。本当は、駄温鉢は保水力もあるので、こちらの方が適しているのだそう。鉢の縁にさすのがポイント。

その他

作業後は半日陰で管理して、発根するまでは、水を多めに与える。

BackNext