チャービル/育て方

育てる

種まきの適期は、3月下旬〜4月・9月中旬〜10月上旬です。移植を嫌うので、直まきしたら軽く覆土しておきます。

発芽後は、順次良いものを残しながら間引きます。一度に間引かず、本葉5枚程度の時に2〜3本を目安としながら、最終的に1つを残すようにします。隣り合う株との間が10cm程度になるようにします。

その後は、土が乾ききる前に水やりをしながら管理します。

ポイント

冷涼な気候を好み、強い陽射しが苦手なので半日陰で栽培します。

2cm程度になれば、使用する都度摘み取って利用できるようになります。このとき、少なくとも2〜3本程度残すようにすると長く収穫できます。

コンパニオンプランツ

コリアンダー・サラダバーネットと相性が良い。

BackNext