チャイブ/育て方

育てる

種まきの適期は、4〜5月・9〜10月です。ばら蒔きし、覆土したら、たっぷりと水やりします。

発芽後は、できるだけ日に当てて栽培します。適度に間引きながら、草丈が7〜10cmになったら、数本を一株として定植します。

日当たりを好むが、真夏は半日陰で栽培し、収穫後は化成肥料を与えます。水やりは土が乾燥してから。

ポイント

収穫は、15〜20cmぐらいになったら地面から2〜3cm残して刈り取ると新芽が伸びやすく再び収穫できるようになります。

食用として用いる場合は、花が咲く前に花芽を摘み取ります。たくさんとれたら、みじん切りにして冷凍保存することができます。

冬、地上部は枯れますが翌年また芽を伸ばし、大株となれば、株分けで増やします。

コンパニオンプランツ

チャイブ(ねぎ類)は、アブラムシの害を防ぎ、キャベツやトマト、「ラズベリー」などバラ科の果樹、レタスと相性が良い。

バラ・りんごの黒星病を防ぐ。

BackNext