フェンネル/画像

フェンネル独特の味と香りがするフェンネル。薬用効果で言えば「ウイキョウ」の方が聞き覚えがあるかもしれません。薬効があるのは果実(乾燥して利用)なのですが、魚のハーブとも呼ばれるフェンネルは、魚の臭みを消してくれたりと、スパイスとしても大活躍してくれます。

フェンネル/育て方

育てる

発芽適温は、15〜23度です。移植を嫌うので、直まきにして薄く覆土しておきます。

苗を購入して植えつける場合には、早めに定植します。(これも移植を嫌うためです)

草丈が1〜2mまで成長するため、鉢植えにする時はあらかじめ大きい鉢に植え付けます。

よく肥えた土に植え付け、春と秋に肥料を与えるのをお忘れなく。日常の管理は、日当たり(夏場は半日陰)で育て、鉢植えの場合には土の表面が乾ききる前に水やりをします。

ポイント

フェンネルの近くでディルを栽培しないようにします。これは交雑を避けるためです。

アゲハの幼虫がつきやすいので注意します。

コンパニオンプランツ

コリアンダー・トマト・豆類と相性が悪く、成長が遅れるので、そばに植えないようにします。

BackNext