トウガラシ/育て方

育てる

種まきの時期は4月下旬頃が目安ですが、発芽適温が20〜30℃と高いので、十分に気温があがってから蒔きます。

発芽後は、本葉8枚程度を目安に、あらかじめ中和して有機物肥料を混ぜておいた用土に定植します。

植え付け後は、2週間に1回程度液肥を与え、用土が乾燥することを嫌うので、水やりと肥料切れに注意しながら管理します。

ポイント

ナス科の植物の植えたことのない場所(4〜5年)を避けます。

また、トウガラシは「熱帯」では多年草ですが、日本では1年草として育てるのが一般的です。

BackNext