レモンバーム/育て方

育てる

種が小さく発芽が遅いことから、苗から育てることをおすすめします。挿し木や株分けで増やせます。

夏場、風通しの良い半日陰で、水やりを欠かさなければ、病気にも強く育てやすい。株が大きくなるので鉢植えをおすすめします。

ポイント

種から育てたいときは(春、または秋に)、育苗箱にばら蒔きして覆土せずに管理します。順次間引きながら草丈3cm程度までに育て借り植え。定植は草丈10cm程度になったら。

日本の夏(高温多湿)に弱いため、蒸れないように、込み合った部分を取り除いたり、梅雨の前に切り戻しておくと、涼しくなった頃にまた収穫できるようになります。

BackNext