イタリアンパセリ/画像

イタリアンパセリなきゃないで良いんだけど、あると便利なイタリアンパセリ。買ってまではなかなか使いませんが、おうちの庭にあると役立ちます。

イタリアンパセリ/育て方

種まき

種まきに適した時期は春(3〜4月)と、秋(9〜10月)です。発芽適温18度前後を目安にします。移植を嫌うので直まきにします。10p間隔で5粒程度を点蒔きします。覆土せずに、軽く種を土に押さえておきます。

定植

時期は4〜6月(秋は9〜10月)頃が適しています。苗から育てる方が簡単ですが、移植を嫌うので、根鉢を崩さないようにそのまま植えます。

栽培場所

半日陰でも育ちますが、日当たりで管理します。

肥沃で湿り気のある水はけの良い土を好みます。

収穫

植付から30日程度で根づくので、その後から。根元、2〜3cmを残して収穫するようにします。

水やり

水やりは、土が乾燥してきたら、鉢底から水があふれるまでたっぷりと与える。(種まき直後などは、種が流れないように優しく潅水すること)

肥料

元肥(緩行性肥料)を施し、その後定期的に(2〜3週間に1回を目安に)薄めの液体肥料などで追肥します。

ポイント

パセリは耐寒性二年草だが、一年草として育てるのが一般的。植つけ後1週間は半日陰に置きます。

コンパニオンプランツ

サラダバーネット・トマトと相性がよい。

BackNext