ローズ(ヒップ)/ローズヒップについて

ローズヒップハーブとして、ローズ(ヒップ)を利用する場合には、特に香りの強いものや、薬用に用いられてきた品種を選ぶようにします。

また、ヒップ(実)を利用する場合には、ドックローズ(野バラ)と呼ばれる、ノイバラ、スイートブライヤーローズ(ロサ・エグランテリア)、ロサ・カニナなどを選ぶようにします。

日本に自生する「ハマナス」も、ジャパニーズローズを呼ばれ、その実(ローズヒップ)が利用されてきました。

ハーブ(主に食用)として、「ローズ」又は、「ローズヒップ(バラの実)」を利用するには、安全を考え、無農薬で育てる必要があります。

ですが、初心者の私には難しいことだらけのため、ローズの育て方については、当分見合わせるつもりでいます。

すでに、私の手によって死に追いやられたバラが…現在残っているのは、スイートブライヤーローズだけです。上画像のノイバラは、白いハート型の花びらが気に入っていたのですが・・。花画像を撮り忘れ、来年でいいかと思っている間に枯らしてしまいました。

BackNext