ローズマリー/育て方

育てる

種から育てるのは難しいので苗から育てるほうをお勧めします。挿し木であれば、容易に増やすことができます。

栽培場所

風通しのよい日当たりで栽培します。

用土

弱アルカリ土壌を好むので苦土石灰をすきこんでおきます。目安としては年2・3回。秋に草木灰をすき混みます。

植え付け時期

3〜4月頃と9〜10月頃。

地植えのポイント

10日程前を目安に、植え付ける場所を耕し、石灰をすきこんでおきます。植え付ける穴は、30×30cm程度です。川砂や赤玉土、腐葉土、堆肥、元肥(緩効性肥料)を混ぜあわせた用土で植え付けます。ポイントは根鉢を崩さないこと。

鉢植えのポイント

苦土石灰を混ぜ合わせた用土(赤玉土:腐葉土=6:4、など)で、根鉢を崩さずに植え付けます。鉢に植え付けた場合は、年1回は植え替える必要があります。

水やり

やや乾燥気味に育てます。地植えの場合は、植え付け後しばらくは水やりの必要があるが、根付いたら水やりの必要はありません。鉢植えは、用土が乾いたら水やりをするようにします。

肥料

ほとんど必要ありません。状態をみて施肥します。

ポイント

成長が遅いハーブです。利用する都度、枝を間引くようにして収穫します。強く刈り込むとかれちゃうので注意が必要(梅雨の前であれば、ある程度は平気)です。梅雨のウドンコ病に注意します。

コンパニオンプランツ

セージ・キャベツ・豆類と相性がよい。ジャガイモ・いちご類と相性が悪いので注意。

BackNext