ローズマリー/スタンダード仕立て

ローズマリー春に購入した立木性のローズマリー。だいぶ、トピアリーっぽくなってきました。下葉を取り除き、適当な草丈になったら、先端を摘心。摘心を繰り返すことで、枝がたくさんでてくる。

挿し木からもできます。挿し木については、「増やし方」を参照してください。但し、スタンダード仕立てにする時は、上の写真のように、枝葉を取り除いた部分を多くとる必要があります。

通常は、土に挿す部分だけの枝葉を取り除きますが、挿し穂にする時点でスタンダード仕立ての形にしておきます。後は、同じ作業(摘心を繰り返す)になります。

大きく生長したローズマリーは、刈り込むと枯れてしまうことがあるので、不向きです。

BackNext