サフラン/鉢植え

鉢底に網をおく鉢底網を敷きます。これにより、水やりの際、土が流れるのを防げる他、鉢底穴から虫が侵入するのを防ぐ事ができます。(サフランを植えつける鉢は、深鉢が適しています)

鉢底石をいれる水はけを良くするために、鉢底石を入れます。ここで注意するのは、球根を深い位置に植えるので、入れすぎないこと。(鉢の6分の1を目安に)

培養土をいれる培養土を入れて、球根をおきます。培養土は肥料の混ざっていないものを、球根2つ分程度とウォータースペース分の余裕をもって、入れるようにします。

球根を配置する球根を配置します。球根と球根の間は、球根1個分です。上の写真は間に球根をおいて、配置し、後で取り除きました。(写真左)

土をかぶせ、水やり培養土をかけます。球根の上下(とがっている方が上)が間違っていない事を確認したら、土をかけます。鉢の側面を軽くたたいて土を落ちつかせ、水やりします。

鉢に植えたサフラン植え付け後の様子です。水耕栽培と違い、葉からでてきてくれました。

サフランの花花は2日ほどでしおれてきますが、次々と咲いてくれるので、充分楽しめます。液肥などの肥料を与えて、来年も楽しむ為にも、球根を大きくすることも、お忘れなく。

BackNext