濃染処理の方法

濃染処理(豆乳に浸す)動物繊維(シルク・ウール)に比べ、植物繊維(コットンや麻)は、濃く染まりません。その為、「濃染処理」と言われる作業によって、繊維の表面をタンパク質化させることで、繊維を染まりやすくすることができます。

市販の濃染剤は、それぞれ使用法が違いますので、使用法に従ってください。

豆乳を使った濃染処理

不純物を取り除く為に、良く洗った繊維をよく乾かしておきます。繊維をボウルなどに入れ、浸かるように豆乳を注ぎます。そのまま30分置き、洗わずに絞ったら、充分に乾かします。染める前に、水で洗いすすぎ、使用します。

メモ

実際にしてみた感じとしては、綿の糸(写真)はなかなか豆乳に馴染まず、ぷかぷか浮いてきてしまうので、繊維を傷まない程度に、手なり箸なりで馴染ませる必要があるかと…。

糸はこの段階で、はかせにして4カ所ほどを8の字に結わえておきます。濃線剤は利用していないのですが、濃染剤の方が、豆乳よりも濃く染まるそうです。

濃染処理をしないものと比べると、豆乳でも効果がありましたが、違いとしては、糸がいくらか濃染処理しないものにくらべ、毛羽立つように思います。

BackNext