コンパニオンプランツな寄せ植え

寄せ植え昨年、上手にトマトを育てられなかったので、今年は「トマトのコンパニオンプランツに挑戦してみることにしました。

寄せ植え図説利用した植物は、トマト(a)、セージ(b)、バジル(c)、インゲン豆(d)、イタリアンパセリ(e)、セロリ(f)です。

トマトは大きな鉢で無ければならないと聞き、当初これよりも3サイズほど小さい鉢に寄せ植えしたのですが、植え替えました。その時は、チャイブも植えていたのですが、豆類(インゲン)と相性が良くないとわかり他のコンパニオンプランツを増やしてチャイブを取り除きました。

鉢が大きくなったことで、株間が空き、見た感じは今のところいまいちになってしまったのですが、これから大きくなってくることを考えると、良かったのかなって思います。

上にあげた植物リストは、全てトマトのコンパニオンプランツになります。この他、チャイブ(ネギ類)・ミント・ニンニク・ラディッシュ・豆類・ナスタチウム・フレンチマリーゴールドなども、トマトのコンパニオンプランツ。但し、ニンニクとネギ類を用いる場合には、豆類と相性が悪いので注意。また、逆にフェンネルはトマトの生長を阻害します。

BackNext