レシピ/栗の渋皮煮(マロングラッセ風)

栗の甘皮煮栗ごはんや甘露煮など、栗を使ったレシピは沢山ありますが・・・私は渋皮煮が一番好き。手間はかかるけれど、それでも秋になると食べたいがゆえにがんばっちゃいます。

材料

栗1kg・重曹小さじ1・ザラメ500g・醤油小さじ1

作り方/鬼皮を剥いて、一晩水につけておく

鬼皮をむき、水にさらす栗を水に10分ほどさらしておき、火にかけ沸騰してから10分ほど煮る。渋皮を傷つけないように、丁寧に鬼皮をむく。むいた栗はすぐに水にさらし、一晩おく。(時間のあるときは、煮ずに一晩水につけてから鬼皮をむいています。)

作り方/重曹をいれ、あく抜きをする

重曹であく抜きする鍋に栗と水をいれ、重曹を加えて火にかけます。強火で沸騰させた後、弱火で30分ほど煮、水を捨てて流水にさらす。途中何度か水をかえながら、再び弱火で水が澄むまで2時間ほど茹でる。

作り方/筋を取り除き、一晩水につけておく

筋を取り除き、水にさらす茹でた栗を水にとり、渋皮の表面の筋を取り除く。渋皮を傷つけないように、丁寧にとり、表面がツルツルになるようにする。(爪楊枝などを利用すると容易)新しい水にさらして、さらに一晩おく。

作り方/ザラメ、醤油で煮る

ザラメで煮るホーロー鍋に水500ccと砂糖を入れて煮とかし、栗を加え弱火で30分ほど煮る。このとき、クッキングシートなどで落とし蓋をしておきます。火を止め醤油(好みで小さじ1のみりん)を加えて鍋のまま冷ます。(温度が下がる際に味がしみる)

作り方/仕上げる

煮沸消毒した瓶で保存する一度栗を取りだし、煮汁を半量に煮詰める。再び栗を戻し入れ、絡める。マロングラッセ風にする際は、ブランデーを絡める。

熱湯消毒した瓶に入れ、煮沸して冷蔵庫で保存する。この時、煮汁の量を減らし、ブランデーを加えても良い。洋酒は好みでラム酒やワインなどでも。

私は、煮汁を1/3まで煮詰めてブランデーかラム酒を加えて保存しています。

BackNext